通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



行政書士資格のお話

行政書士として独立するには?

行政書士として独立するには?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。行政書士として独立するには、大きく三つのポイントがあるようです。それは、
・独立資金
・開業届
・広告
などなようですね。

先ず、独立するにあたっては、それなりの資金が必要となってきますよね。ただ、開業するまでの資金だけを計算しても、意味はありません。なぜなら、独立してすぐに、仕事が軌道に乗るとは限らないからです。なので、独立してからの自分の生活費も考えなければいけないようです。

つまり、軌道に乗るまで大体どれくらいかを考えて、それまでの生活費や事務所の維持費など、トータルで考えなければならないようですね。

又、開業届なんですが、独立して事務所を置く場所の税務署に、開業届を提出する必要があるようですね。開業届を税務署に提出しなければ、開業することはできないようです。つまり、開業届を提出したら、晴れて個人事業主になるということです。

最後に、広告についてなんですが、独立したら仕事を取らなくてはいけませんので、広告や宣伝してアピールする必要がありますよね。例えば、事務所の看板やホームページから仕事の依頼がくることもあるでしょう。確かに、看板をしっかりと見ている人や看板で行政書士を探している人は、少ないかもしれませんが・・・。

そうは言っても、行政書士が必要になった時に、どこかで見たな・・・、と思い出す人も結構多いようですよ。それに、近年では、ホームページを作るのは当たり前になってきているようです。インターネット検索で探す人はとっても多いようなので、ホームページは絶対に作っておきましょうね。

もし、行政書士として独立するのであれば、この三つは最低限のポイントになるようです。行政書士として独立して、順調に仕事ができるといいですね。応援していますよ。

楽天で見る⇒行政書士 独立

関連記事
行政書士と司法書士の違いってどうなの?
行政書士の月収っていくら位なの?
行政書士資格の合格率ってどれ位なの?
行政書士試験に合格するためには予備校?独学?
行政書士の資格って就職にも役立つの?
行政書士試験の勉強ってどうすれば良いの?
行政書士の仕事ってどんなことをするの?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック