通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



行政書士資格のお話

行政書士と司法書士の違いってどうなの?

行政書士と司法書士の違いってどうなの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。行政書士と司法書士の違いを簡単に言うと、行政書士は市役所等に提出する書類を作成する仕事で、司法書士は法務局等に提出する書類を作成する仕事なようですね。

行政書士と言うのは、基本的に市役所等に提出する書類を作成するようです。例えば、遺言や相続、示談書などなようです。これらは、もし裁判になった時に、有効な書類になるようです。他にも、風俗営業等の営業許可や、外国人のビザの申請なども、行政書士が行うようです。これは、行政書士の独占業務なようで、司法書士は行うことができないようです。

続いて、司法書士なんですが、法務局等に提出する書類を作成するようです。例えば、不動産関係であったり、登記などなようです。又、自己破産や債務整理等の仕事も行うことができ、これは司法書士の独占業務となるようですね。よって、これは行政書士には行うことができない業務なようです。

行政書士と司法書士って、名前も似ていますし、できる仕事が重なる場合もあるようですが、それぞれに独占業務があり、似ている点もあるようですが、全然違う仕事なようですね。

楽天で見る⇒行政書士

関連記事
行政書士として独立するには?
行政書士の月収っていくら位なの?
行政書士資格の合格率ってどれ位なの?
行政書士試験に合格するためには予備校?独学?
行政書士の資格って就職にも役立つの?
行政書士試験の勉強ってどうすれば良いの?
行政書士の仕事ってどんなことをするの?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック