通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



建築士資格のお話

建築士ってどんな仕事なの?

建築士ってどんな仕事なの?って、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

建築士って言うのは、
建物の設計や工事監理を行う技術者のことを

指すと定義されているようですね。

設計とひと言で言っても、
内装、安全性、耐震性、設備などの全てが

建築士が考えて行う仕事なようです。

そして、工事監理と言うのは、
設計した通りに工事が行われているかを

チェックする仕事なようですから、
工事業者とのコミュニケーションも

とっても大切になってくるようです。

二級建築士の場合、
延べ床面積が30u〜300u以内の鉄筋コンクリート、

鉄骨、木で造られた建物の設計と
工事監理を行うことができるようです。

一戸建ての住宅設計なら、
二級建築士の資格があれば大丈夫なようですよ。

又、一級建築士の場合には、
設計できる建物の大きさは決められていないようです。

二級建築士よりも大きな建物の設計や
工事監理を行うことができるようなので、

一級建築士を目指す人がたくさんいるようですが、
かなりの難関試験でもあるようです。

建築士の資格を取得すれば、
建設会社や設計事務所、工務店、住宅メーカーに

勤務する他、国や地方自治体で働いたり、
独立して自分で事務所を開くことも可能なようですね。

又、建築士は女性よりも男性が多いようですが、
近年では女性の建築士志望者も増えてきているようですね。

楽天で見る⇒建築士 資格

関連記事
建築士の年収ってどれ位なの?
建築士定期講習?これって何?
建築士試験って難しいの?
建築士になる為には大学と専門学校ではどちらがいいの?
建築士試験に合格する為の勉強方法って?
建築士は独学でもなれるの?
建築士になるにはどうすればいいの?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック