通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



気象予報士の資格のお話

気象予報士の受験概要と対策は?

気象予報士の受験概要と対策は?って気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。気象予報士の受験概要として注目したい事は、受験資格が無いという事でしょうか。受験資格が無いので、どなたでも国家試験である気象予報士を受ける事が出来るようですね。気象予報士の国家試験の受験場所は、北海道と宮城県、東京都と大阪府、福岡県と沖縄県の六都道府県のみとなっているようで、手数料の11,400円を納める事で受験が可能となるようです。気象予報士の試験って言うのは、学科試験と実技試験で行われるようで、学科試験は、気象現象や大気の力学、大気の構造等の予報業務に関する一般知識と、観測の成果の利用や数値予測、気象災害等の予報業務に関する専門知識などを多肢選択式で出題しているようですね。

実技試験としては、気象概況やその変動の把握、局地的な気象予報、それに、台風等緊急時における対応等について、文章や図形で解答する記述式のようです。気象予報士の受験対策としては、過去の問題を徹底して潰していくと良いかもしれませんね。気象予報士の試験の内容は、安定していると言われており、過去の問題をアレンジしたり、そのまま出題される事も有ると言われているようですね。なので、参考書や問題集を何度も繰り返し読み、同じ問題を何度もこなし、傾向と対策を考えると良いのではないでしょうか。単純な方法だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、気象予報士の受験対策としては、過去の問題を全問正解するまで、繰り返し行う事がとっても有効ではないかと思われますね。気象予報士の資格試験、合格されると良いですね。

楽天で見る⇒気象予報士 資格

関連記事
気象予報士の資格って?仕事は?

スポンサードリンク