通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



実用英語技能検定のお話

実用英語技能検定の受験概要は?対策はどうすれば良いの?

実用英語技能検定の受験概要は?対策はどうすれば良いの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。実用英語技能検定は一級から五級まで有るようで、当然ながらレベルによって概要も違ってくるようです。その概要なんですが、次のようになってるようです。

・一級・・・大学上級レベル
  一次試験:筆記(マークシート)100分、リスニング30分
  二次試験:質疑応答(スピーキング)10分
・準一級・・・大学中級レベル
  一次試験:筆記(マークシート)90分、リスニング25分
  二次試験:質疑応答(スピーキング)8分

・二級・・・高校卒業レベル
  一次試験:筆記(マークシート)75分、リスニング25分
  二次試験:質疑応答(スピーキング)7分
・準二級・・・高校中級レベル
  一次試験:筆記(マークシート)65分、リスニング25分
  二次試験:質疑応答(スピーキング)6分

・三級・・・中学卒業レベル
  一次試験:筆記(マークシート)40分、リスニング25分
  二次試験:質疑応答(スピーキング)5分
・四級・・・中学中級レベル
  一次試験:筆記(マークシート)35分、リスニング25分
・5級・・・中学初級レベル
  一次試験:筆記(マークシート)25分、リスニング20分

中学生や高校生が受ける場合には、特に大きな対策も必要ないでしょうが、準二級レベルの試験なら、日頃の授業に支障がなければ、まず問題ないかも・・・。対策が必要になってくるのは、やはり二級以上の試験になるようですね。特に、一級の取得はとっても困難かも・・・。

中には、専門の英語教室に通って対策を行う方もいらっしゃるようですが、独学で勉強する方もたくさんいらっしゃるようですよね。英検取得用の専用書籍や問題集等も販売されていますから、そのようなものを利用する方も多いのでは・・・。それに、スピーキング力とリスニング力の為には、英会話教室や留学など、直接英語に触れる機会が必要となるようですね。

楽天で見る⇒実用英語技能 対策

関連記事
実用英語技能検定の資格ってどんななの?仕事先は?

スポンサードリンク