通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



手話通訳士の資格のお話

手話通訳士の受験概要って?その対策は?

手話通訳士の受験概要って?その対策は?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。先ず、手話通訳士の受験概要としては、受験資格が、受験日の属する年度末の時点で20歳以上である事です。受験の申込みに必要な書類の請求と提出は、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターに行うと良いようです。手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)という名称の試験が、年一回実施され、試験日と試験会場については、その年の三月上旬に発表される事になっているようです。第23回(平成23年度)の試験は、学科試験が10月1日(土)、実技試験が10月2日(日)、試験地は東京、大阪、熊本で行われたようです。受験手数料として、18,000円(税込み)掛かるようです。

手話通訳士試験の合格率は、約33%と非常に難易度が高いようで、三年以上の実務経験がなければ、とても合格する事は難しいかもしれませんね。手話通訳士試験を受験する場合には、専門学校に通ったり、通信講座などでしっかりと対策する他に、自治体等が行っている手話通訳者養成講座に通う事から始める方も多いようです。社会福祉法人全国手話研修センターが実施している民間資格である全国手話検定試験や、NPO手話技能検定協会の手話技能検定といった試験を受けてみて、今の自分のレベルを確かめるのも良いかもしれませんね。社会福祉法人聴力障害者情報文化センターの公式サイトには、過去の試験の問題と正答が掲載されているようですから、出題傾向を研究する事も試験対策としては必要でしょうね。因みに、前年度の試験で学科試験のみ合格基準を満たしていた場合には、申請を行う事で翌年度の学科試験が免除になるようです。手話通訳士試験に合格すると良いですね。

楽天で見る⇒手話通訳士 対策

関連記事
手話通訳士ってどんな資格?就職先は?
手話通訳士の受験概要や対策って?
手話通訳士の資格って?仕事先は?

スポンサードリンク