通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



建築施工管理技士のお話

建築施工管理技士の受験概要って?対策は?

建築施工管理技士の受験概要って?対策は?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。建築施工管理技士の検定試験には、一級と二級があり、二級は更に、建築や躯体、仕上げに分かれているようですね。

一級建築施工管理技士の試験は、学科が6月の第二日曜日、実地が10月の第三日曜日に実施されるようです。受験料は、学科と実地のそれぞれで9,400円ずつ必要なようです。二級建築施工管理技士の試験は、11月の第二日曜日に学科も実地も行われるようです。受験料は、学科と実地を合わせて9,400円で、学科のみ、実地のみの場合には、5,000円になるようです。

建築施工管理技士の受験資格は、とっても細かく決められているようなので、条件を満たしているかしっかりと確認した方がいいでしょう。試験を実施している一般財団法人建設業振興基金のホームページが、やはり最も正確なようですね。

又、新規受験申し込みの場合は、インターネットからの申し込みができない点にも注意が必要かも・・・。一組600円の書面申込用紙を入手しなくてはいけませんから、販売が始まったらすぐに購入しておきたいですね。

それに、住民票やパスポート用証明写真、資格証明書の写し、卒業証明書の原本等、受験申し込み時に必要な書類も多いようなので、受験準備は入念に行うのが良いでしょう。建築施工管理技士の試験合格率は、23年度の一級の学科が37.3%、実地が40.4%、二級の学科が47.7%、実地が34.6%となっているようです。

独学で勉強しても、参考書や過去問題集を使うことで合格できる場合もあるようです。でも、短期間で確実に合格する為には、建築施工管理技士の試験対策講座や講習などを受けた方が良いようですね。

楽天で見る⇒建築施工管理技士 対策

関連記事
建築施工管理技士ってどんな資格なの?就職先は?

スポンサードリンク