通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



文書処理(ワープロ)能力検定のお話

文書処理(ワープロ)能力検定の受験概要って?対策はどうすれば?

文書処理(ワープロ)能力検定の受験概要って?対策はどうすれば?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。文字入力の正確さやスピード、国語力等を試験するのが文書処理(ワープロ)能力検定のようですね。では、その文書処理(ワープロ)能力検定の受験概要って言うのは、一体どういったものなんでしょう?何か対策は有るんでしょうか?先ず、試験内容は一級から四級に分かれているようで、合格率は、順に一級は45%、二級は65%、三級は%、四級は78%となっているようですね。

文書処理(ワープロ)能力検定試験の実施方法は、以下の通りのようです。
・一級は、
  筆記試験・・・技術常識では、ワープロに関する高度な知識。
         国語知識では、漢字、送り仮名、熟語、慣用句、ことわざ等。
  実技試験・・・入力は、10分/700字
         文書作成では、簡単なメモ書き原稿から正式文書の作成(高度な知識を含む)
・二級は、
  筆記試験・・・技術常識では、ワープロに関する実務知識。
         国語知識では、漢字、送り仮名、熟語、慣用句など。
  実技試験・・・入力は10分/500字
         文書作成では、メモ書き原稿から正式文書の作成。
・三級は、
  実技試験・・・入力は10分/300字
         文書作成は、メモ書き原稿から適宜レイアウトして作成(追加・削除・修正を含める)
・四級は、
  実技試験・・・入力は10分/200字
         文書作成は、メモ書き原稿から適宜レイアウトして作成(修正を含める)
合格条件は、一科目100点満点で全科目70点以上のようです。実技試験の入力は、一級690字、二級490字、三級290字、四級190字以上が合格となるようです。いくらタイピングに自信があっても、試験では一般常識等も出題されるようですので、必ず試験用の参考書や問題集に目を通しておくようにすると良いでしょうね。

楽天で見る⇒文書処理能力検定 対策

関連記事
文書処理(ワープロ)能力検定の資格って?就職に役立つの?
文書処理(ワープロ)能力検定の受験概要や対策は?
文書処理(ワープロ)能力検定ってどんな資格?

スポンサードリンク