通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



└ 二級建築士資格のお話

二級建築士の受験概要や対策は?

二級建築士の受験概要や対策は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。二級建築士の受験は、まず、学科試験を行い、学科試験合格者に対して設計製図の試験を行うという形がとられているんですね。二級建築士の受験には、受験資格もあり、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した方という条件と共に、建築の実務も必要となるようです。二級建築士の受験対策としては、とにかく学科試験に通らなくては次の設計製図の試験には進めないので、二級建築士の取得を目指すのであれば、先ずは学科試験をしっかりと勉強をすると良いでしょうね。

学科試験では、建築法規と建築計画、建築施工と建築構造学の四つの科目について、各科目25点で問題が出されます。学科試験では、合計点数が良くても科目ごとの点数が一科目でも12点以下になってしまうと、不合格になってしまうようですから、どの科目も基本をおさえて万遍なく勉強しなくてはいけないようです。又、学科試験の特徴としては、建築法規が一番点数が取りやすい科目だと言われているようで、建築法規で点数を稼ぐ事で、合格の確率も上がるのではないかと考えられます。二級建築士の勉強では、必要に応じて通信講座やスクールに通う事も良いんですが、過去の問題集やテキスト等を使って、しっかりと計画を立てて勉強をする事も大切なんですよね。過去問題集を見ると分かると思うんですが、似たような問題がいくつかあるんですよね。なので、そういう問題はしっかりとマスターしておくと良いかも・・・。二級建築士の試験の製図試験は、学科試験から約三ヶ月後となっており、学科が終わってからでも勉強する時間は十分にあるようです。ですから、先ずは学科をしっかりと勉強し、その後に製図の勉強に入るのが良いのではないでしょうか。二級建築士資格、取得出来るように頑張って下さいね。

楽天で見る⇒二級建築士 対策

関連記事
二級建築士ってどんな資格?就職は?

スポンサードリンク