通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



計量士のお話

計量士の受験概要や対策は?

計量士の受験概要や対策は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。計量士の国家試験は、毎年一回三月に開催されているようです。環境計量士や一般計量士は共に、共通科目と言って、計量関係法規と計量管理概論という科目があり、この二科目から25問ずつ計50問の問題が出題されるようです。そして、その他に、一般計量士は計量の基礎知識や概論など50問、環境計量士は、濃度関係であれば環境関係法規と化学・化学分析概論など50問、振動騒音関係であれば環境関係法規と物理・振動概論や加速度レベルの計量など50問がそれぞれ出題されるようです。合格ラインはその年によっても若干差があるものの、共通科目50問の中から30問、専門科目50問の中から25〜30問位正解すれば合格出来ると言われているようですね。

計量士の試験対策としては、過去問題を繰り返し何度も解く事があげられるでしょう。又、大体の国家資格は試験に合格すれば国家資格を取得出来るようですが、計量士の場合は他の国家資格とは少し異なっているようで、国家試験に合格してから計量士に登録されるまでにも、一定の条件を満たす必要があるようです。先ず、環境計量士の場合は、濃度関係であれば、濃度を測る実務を一年以上こなしている事や、薬剤師の免許を取得している事、職業訓練指導員の免許を取得している等、いずれか一つ条件を満たしていなければいけないようです。環境計量士の振動関係の場合は、振動などを測定する実務を一年以上こなしている事、環境計量講習を修了している事など、いずれか一つ条件を満たしている事が必要なようですね。一般計量士に関しては、計量に関する実務を一年以上こなしている事が必要条件となるようです。試験の難易度も高いようですが、合格後の必要条件を満たす事も考慮しておいた方が良いかもしれませんね。計量士に合格されると良いですね。

楽天で見る⇒計量士 対策

関連記事
計量士ってどんな資格?就職先は?

スポンサードリンク