通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



弁理士の資格のお話

弁理士の受験概要や対策は?

弁理士の受験概要や対策は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。弁理士になる方法はいくつかあるようですが、最も一般的なのが毎年一回行われる弁理士の国家試験に合格する事なんですね。弁理士試験は、5月に一次試験の短答式筆記試験、7月に二次試験の論文式筆記試験、10月に三次試験の口述式試験と半年にわたる試験が行われるようです。短答式に合格した方が論文式を、論文式に合格した方が口述式を受ける事が出来るようです。

一次試験、二次試験、三次試験のそれぞれの試験問題は、以下のようになるようです。
・短答式筆記試験では、工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令、工業所有権に関する条約、著作権法、不正競争防止法が出題されるようです。五択のマークシート方式なようです。
・論文式筆記試験では、特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令、商標に関する法令と選択科目(理工T・U・V・W・X、法律)。
・口述式では、特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令、商標に関する法令が出題されるようです。面接方式で各科目10分程度なようです。

難関と言われる弁理士資格取得試験の2011年度の三次試験までの合格率は9.1%だったようで、実に狭き門ですよね。一年で最終合格を目指すのも勿論良いんですが、最終合格までの平均年数は五年と言われているようです。二年間で合格する事を目標に、計画を立ててみると良いかも・・・。

最初の一年では、必須科目の工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標など)に関する基礎を徹底的に勉強し、二年目は、選択科目の勉強と論文の書き方、そして、応用力をつけていきます。なお、短答式筆記試験と論文式筆記試験の必須科目は合格すると二年間試験が免除され、論文筆記試験の選択科目は合格すると永続的に免除されるようですね。

楽天で見る⇒弁理士試験 対策

関連記事
弁理士ってどんな資格なの?就職先は?

スポンサードリンク