通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



土地区画整理士のお話

土地区画整理士の受験概要や対策は?

土地区画整理士の受験概要や対策は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。土地区画整理士の資格を取得するには、指定の大学や短大、専門学校を卒業した後、一年から五年の実務経験が必要になるようですね。又、それ以外にも、実務経験を八年以上積めば、学校に通わなくても、土地区画整理士の資格試験を受験する事が出来るようです。

土地区画整理士の受験問題は、換地計画の実地試験三科目と、土地区画整理事業総論、換地計画、土地評価、法規の四科目の学科試験なようですね。土地区間管理に関する科目は必須なようですが、他の試験範囲としてはあまり広くないようです。

受験費用は、実地試験だけならば9,000円。学科と実地試験を受験する場合は、18,000円なようです。試験の開催場所も、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の五ヶ所で受験できるようなので、比較的受験しやすい資格となっているようです。

土地区画管理士って、一般の人にはあまり聞きなれない資格なようですが、土地区画整理事業を滞りなく進めるためには必要な存在なようです。全国建設研修センターという所では、一日(サテライト)講習というものも行われているようで、業務で必要な基礎知識や技術を教えてくれるようです。遠い所に研修に行けないという方にとっては嬉しい限りですね。

取得の難易度としては普通のようですが、自分で勉強すると言ってもなかなか難しいでしょうから、こういう講習を利用してみるのも良いかもしれませんね。

試験対策としては、学科試験は午前に行われるようですから、何年か前の分の過去問集をしっかりとやっておくのがいいでしょう。択一問題なので、学科試験は過去の問題集をしておけば大丈夫なようですが、問題は記述式の問題なようです。

こちらは、換地設計の計算が必ずと言っていい程出題されるようです。なので、計算方法は必ず身につけておくと良いでしょうね。計算問題の他にも、法的手続きの問題だったり、語句の説明をしなさい等の基本的事項の問題も出るようなので、しっかり暗記しておきましょう。

土地区画整理士は、技術検定試験になるようです。難易度も普通で、わりと合格率も高いようです。ですが、実務経験が必須な為、取得までにはどうしても時間が掛かってしまう資格なようですね。 

楽天で見る⇒土地区画整理士

関連記事
土地区画整理士ってどんな資格なの?就職先は?

スポンサードリンク