通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



日商ビジネス英語検定のお話

日商ビジネス英語検定試験の受験資格や対策は?

日商ビジネス英語検定試験の受験資格や対策は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。日商ビジネス英語検定試験の受験資格に決められている制限はないようですが、基本的にPC操作が出来る事が前提なようですね。

試験は、一級、二級、三級の三つのレベルからなっているようで、実際のビジネスの場面を具体的に想定して問題が出題されるようです。一級では、豊富な海外取引の実務経験があり、英語による十分なビジネスコミュニケーション能力が評価されるようです。

二級では、入社前あるいは入社後一年〜二年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーション能力を、三級では、入社前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力が評価されるようですね。

二級と三級は、試験会場で随時試験を受ける事が出来るようですが、一級は、統一試験として指定日のみの受験になるようです。二級、三級の試験問題は、公式テキストの記載内容を中心に出題されるようですので、先ずは、テキストを十分に理解しておく事が大切なようですね。

文法的に難解な文章は殆ど出題されないようですが、ビジネス英語特有の単語が頻繁に出てくるようです。なので、きちんと意味が理解出来るように、何度も書き出して覚えるようにすると良いかも・・・。一級の試験問題には公式テキストが無いようですが、参考としてサンプルの問題例がサイトに公表されているようですね。なので、これは忘れずにチェックしておきましょうね。

因みに、初歩的なポイントとしては、ビジネス文書では依頼や質問でも、?(クエスチョンマーク)を使わない記述方法にする、ビジネスレターの形式は、日付、宛先、件名といった順序になる等があるようです。日商ビジネス英語検定試験、頑張って下さいね。

楽天で見る⇒日商ビジネス英語検定

関連記事
日商ビジネス英語検定ってどんな資格なの?就職先は?

スポンサードリンク