通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



パソコン・IT系資格のお話

CADの資格取得の為の対策は?

CAD資格取得の為の対策は?
CAD資格って聞いた事がありますよね。でも、CAD資格にもいろいろ種類があって、それによって対策も違ってきますよね。そこで、CAD資格の種類と資格取得対策について、簡単にお話をしていきますね。先ず、CADって言うのは、Computer Aided Designの頭文字を取った略語で、”キャド”って言うんですが、これはご存知ですよね。このCADによって、製図作業や図面作成など、人の手作業に頼っていた細かい作業が、コンピュータを利用する事で、所要時間の短縮が可能になっただけでなく、正確さも大幅に増加したんですよね。管理人も住宅設計をやっていたので、これはツクヅク実感した事です。さて、CAD資格の種類と資格取得の対策を考える場合には、先ず知っておかなければならないのはCADの種類なんですよね。これは、汎用CADと専用CADの二つに分けられるんです。汎用CADは、”Auto Cad”に代表される、分野を問わずに使用可能なCADなんです。これに対して、専用CADの方は、服飾のデザイン画作成や造園の設計、配管図面の3D表現等の専門分野の機能を持っているんですね。

次に、CADの最も一般的な資格として、CAD利用技術者試験が有るんですが、これには一級と二級とが有って、一級の試験は実技なんですが、二級は筆記試験となっているんです。一級の資格を取得しようとしている方達の中には、一年以上も前から準備をして勉強を始めている方も多いようですね。又、CAD資格の取得対策なんですが、先ず、二級での資格試験では、CADシステムの基本知識が中心に問われ、又、製図の基礎知識の確認等もあるんです。なので、これらを重点的に勉強されると良いようですね。次に、一級の資格試験では実務に基づいた試験範囲になる為、資格取得の為の対策面から言うと、指定された条件に基づいての作図能力や、文章を読み取っての図面化、トレース等のいろいろな知識や技術が要求されます。なので、やはりこのレベルの勉強となると、講座やスクールに通って指導を受ける方が良いようですね。ですが、時間の都合で通信教育にする場合には、出来るだけ細やかな対応をしてくれる所を選んだ方が良いですね。このように、CAD資格の取得対策では、一級は二級と比較するとハードルがかなり高くなる為、それに応じた準備期間が必要になってくるようです。ですが、CAD資格の一級を取得した場合には、即戦力として期待されている資格ですので、就職にも有利かと思われます。是非、諦めないでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。いずれにしても、それ相応の対策が必要のようで、自分に合った勉強方法を見つけて、合格を目指して頑張って下さいね。

関連記事
シスアド対策は過去問題だけで良いの?
上級シスアド試験の内容と対策は?
初級シスアド試験の内容と対策は?
シスアドの合格率は?
シスアドって何?
MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)って、どんな資格なの?
Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)って?

スポンサードリンク