通信講座・教材・マネー・保険・サービス他は楽天で!
ユーキャン通信講座なら楽天で♪
英語・英会話なら楽天で♪



ITサービスマネージャ(SM)の資格のお話

ITサービスマネージャ(SM)資格試験の概要は?

ITサービスマネージャ(SM)資格試験の概要って、どんな事なんでしょう?気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。このITサービスマネージャ(SM)の試験は、どなたでも受験する事が出来るようです。毎年7月頃から申し込みが開始されるようで、一ヶ月以内に締め切られるようですね。試験は10月の第三日曜日に行われるのが通例なようです。試験は、午前1、午前2、午後1、午後2に分けられているようで、午前の試験は、選択式の回答のようです。コンピュータやシステムの構成要素、データベース、ネットワーク、セキュリティ等に関する試験のようですね。午前1は、出題数30問で試験時間が50分なので、じっくりと考えている時間は無いかも・・・。午前2の試験の出題数は25問で、試験時間が40分のようなので、こちらも確かな知識と集中力が要求されるようですね。合格する為には、午前1・2共に、満点の60%以上の得点が必要のようですよ。

ITサービスマネージャ(SM)資格試験の午後の試験は、記述式や論述式になるようですね。出題内容は、システムの運用管理、ITサービスの継続的改善とITサービスマネジメントに関する事などのようです。午後1は、出題数四問のうち二問を選択しての解答のようです。午後2は、出題数三問のうち一問を選択して論述するもののようです。午後1は90分、午後2は120分の試験時間が有るようですが、記述や論述への対策を十分にしておかないと、何も書けないまま時間を過ごす事にもなりかねません。このITサービスマネージャの試験の合格率は、7〜9%程度だと言われていて、一割にも満たないようで、とっても難易度が高い試験だけに、最低一年はしっかりと勉強する必要があるかもしれませんね。出来れば、もっと難易度の低い資格を取得してから受験した方が良いかも・・・。

関連記事
ITサービスマネージャ(SM)の資格って?

スポンサードリンク